この世にこんなことがあるのでしょうか?妊娠していないのにお腹がどんどん大きくなっていった女性の物語

出版元 10/25/2020
広告

ケイティ・スミスは普通の20代半ばの女の子です。彼女が24歳の時、お腹の中で何かが育ち始めました。医者もそれが何か分かりませんでした。

Her Pregnancy Revealed Something Out Of The Ordinary

タイトル

事の馴れ初め

ケイティのお腹は急にすごく大きくなり始めました。そして誰もが彼女は妊娠していると思いました。しかし妊娠ではなかったのです。何度妊娠検査薬で検査してもマイナスの結果で、医者も首をかしげていました。

The Beginning

事の馴れ初め

彼女の物語

スミスは英国のエールズのスワンシーというところに住んでいました。年を取るにつれ彼女は太っていったものの、28歳になった今、何年かで妊娠9か月に見えるぐらいになりました。彼女はBBCのインタビューで今までがりがりの痩せ体型になったことはなかったけど、お腹がどんどん膨らんでいったと話していました。

Her Story

彼女の物語

健康的なライフスタイル

ケイティは体に気を付けた健康なライフスタイルを送っていました。彼女は体の線も気にしてジムにも通っていました。従ってこんなに太ってしまったのは汚名に感じるぐらいでした。そして第一に謎でした。

Say Hi To Keely

健康的なライフスタイル

見かけとは違う事情

ケイティは仕事のクリスマスパーティに呼ばれましたが、こんなお腹で参加できるかどうか悩んでいました。着る服もありませんでした。どう見ても妊娠しているように見えました。

Not As It Seems

見かけとは違う事情

早すぎて止められない

ケイティは出てきたお腹がさらに大きくならないようにあらゆることを試しました。「運動もしたし食生活もさらに健康なものにしたわ。でもお腹がどんどん大きくなって止まらなかったの。」これ以上の健康的なライフスタイルはないぐらい健康的でも太るのは最悪でした。

Too Fast To Keep Up With

早すぎて止められない

一体何が起こっているのか?

「自分の体に一体何が起こっているのか全然わからなかった。お腹に木材でも入っているのかと思ったわ。」厳しいカロリー制限や激しい運動をこなしても体重はどんどん増えていきました。

What Was Going On

一体何が起こっているのか?

太るだけではなく

この時点でもうケイティは体重が増えることを無視し始めました。体重が増えているのはおなかだけでした。体の他の部分は何も太っていませんでした。

Not Just Growing

太るだけではなく

望みを捨てないで

彼女のお腹はカチカチに固まり、触っても不快でした。しかし彼女は、そのうちお腹が元に戻るだろうという希望を捨てませんでした。しかしその希望通りにはいきませんでした。

Screenshot 11

望みを捨てないで

ただ一つ説明できること

彼女の服のサイズも太るのと同時に大きくなっていきました。でも彼女はまだ病院に行きませんでした。彼女の父親は医者だったので、それが余計に医者嫌いになった理由かもしれません。

There's Only One Expanation

ただ一つ説明できること

腹の底の思い

ケイティには一つだけ深刻な心配がありました。そしてこの状況を説明するのに一つだけ説明できました。彼女はそのことを考えたくも信じたくもありませんでした。

Screenshot 4

腹の底の思い

子供

ケイティが説明できる内容といえば、妊娠以外にありませんでした。彼女のお腹はどんどん大きくなって、体重も増え、いつも疲れていていました。ケイティには恋人もいました。

With Child

子供

計画外の妊娠

これらのすべての事実は妊娠ということで説明が付きました。そして妊娠しているとなるとケイティにも恋人にも大変な事でした。これは計画外の妊娠でした。しかし十分に可能性がありました。

Screenshot 3

計画外の妊娠

もうすぐ親になる

ケイtぇ位と恋人のジェイミーはもう10年も付き合っていました。そして子供を作ることも考えました。ただ計画外だったので、準備ができていませんでした。

Soon To Be Parents

もうすぐ親になる

青い線

このカップルが妊娠検査薬の青い線を見たときは驚愕しました。青い線はマイナスでした。検査薬が悪かったのかと思い、二回目の検査をしました。また青い線が出ました。

The Blue Strip

青い線

心配

この結果に本当に驚いた二人はやっと病院へ行きました。一体何が起こっているのか、ケイティは病気なのか、流産したのか、などのたくさんの疑問がわきました。

Screenshot 13

心配

恐怖

重い足を引きずって病院に行ったケイティでしたが、残念ながら彼女の心配している質問に対する答えを得ることはできませんでした。しかも医者は彼女にただ太っているだけだと言いました。

Facing Her Fears

恐怖

直感

医者は心配することはないと言いましたが、彼女はそれがどうしても信じられませんでした。そしてどうすればいいか分かりませんでした。

Followig Her Instincts

直感

信じられない

自分がなぜ妊娠したかもわかりませんでした。彼女は妊娠しているように見えました。プロである医者は妊娠していないと言いましたが、どうしてもそれが信じられませんでした。

Screenshot 8

信じられない

解決法がない

もし彼女が妊娠していたら、子供を産んだら問題はなくなります。しかし彼女のお腹はもうすでに2年も大きくなっていたのです。毎月どんどん大きくなるばかりでした。

No Solution

解決法がない

気絶

仕事中、ケイティはいきなり吐き気をもよおしました。そして気絶しました。彼女が気絶したのを同僚が後で本人に伝えました。ケイティには意識がありませんでした。

Screenshot 3

気絶

つらい時期

ケイティは直ちに病院へ連れていかれました。「気絶したときはとてもつらかったわ。」彼女は自分がどうしてこうなっているかの説明もなくこの状況に対応しなければいけませんでした。

A Difficult Period

つらい時期

すべてはストレスから?

こんなことがストレスが原因だけで起こるのでしょうか?ケイティは納得できませんでした。しかしどの医者もケイティは妊娠していないと言いました。

Screenshot 5

すべてはストレスから?

妊娠ではない

彼女の状況を知らない人たちはみんな妊娠についての質問を彼女に投げかけました。彼女を見た誰もが妊娠だと思いました。そしてケイティはいつも妊娠していなことを説明しなければいけませんでした。

A Difficult Period

終わりがない

ケイティはいつも同じ質問に同じ答えをしました。「医者はただ太ってるだけだというの。」そう説明しながら、まったく未知のこの状況に嫌気がさしました。

Screenshot 12

終わりがない

広告