同じ服装を100日間着続けたある中学校の美術女教師。一体彼女に何が起こったのでしょうか?

出版元 01/07/2021
広告

彼女の生徒だけが気が付いたのではありません。クラスの間の休憩時間に廊下を通ると、彼女はみんながささやいてるのが聞こえました。彼女が行くところ全てでみんなが彼女を見つめているのを感じました。女学生が、まだあの服を着ているの?とささやきました。こんなことが学校中の噂になるとは彼女は思って芋いませんでした。一体彼女に何が起こったのでしょうか?

This Teacher Went Viral Because Of Her Dress

タイトル

正式な制服

学校では先生としてふさわしい服があります。時に先生用の制服がある学校もありますが、通常は先生自身が毎日着る服を選ぶものです。この女性、ジュリアという先生はカラフルな服が好きでした。彼女が学校の初日に着ていった服は変わったものでした。

Proper Uniform

正式な制服

洋服の計画

ジュリア・ムーニーは34歳でニュージャージー州のムーズタウンのある中学の美術の先生でした。彼女は毎日学校に着ていく服を自分でコーディネートしていました。しかしある一着のドレスはなぜか学校で問題になってしまいました。それだけでなく世界中で議論の元となってしまったのです。

Planning Her Outfit

洋服の計画

衣装

kあの徐はこの中学校で新しい仕事を始めることにワクワクしていました。彼女は自分自身が目立つ存在で、他の先生や生徒の目を惹くことは分かっていました。しかし彼女の服装が問題になるとは思ってもみませんでした。結果的にみんなが彼女の悪い噂を流し、ジュリアはどうすることも出来なくなりました。

The Outfit

衣装

ドレスを見つける

ジュリアは自分の服をよくネットで買っていました。学校の初日誰も毎日同じドレスを来た先生が来るとは思ってもみませんでした。新米の先生がこんなに目立つことは良いことではありません。

Finding The Dress

ドレスを見つける

彼女は誰?

ジュリア・ムーニーのことを知っている人はあまりいませんでした。彼女は中学校の先生で二人の子供の母親です。しかし彼女は典型的な中学校の先生ではありませんでした。

Who Is She

彼女は誰?

家庭的な女性

ジュリアは家庭的な女性で家族と時間を過ごすのが大好きでした。子供たちと自然の中でハイキングをしては動物や農場の話を子供に聞かせたり、編み物をしたりしました。彼女は自分の子供の先生でもありました。しかし中学校では自分の家庭とは全然別の世界でした。

A Family Woman

家庭的な女性

自分のビジネス

ムーニーは時に変わった質問を同僚の先生からされたりもしましたが、それが彼女の服装のことを指しているとは思ってもみませんでした。ジュリアは自分のことをあまり他人の目を気にするタイプではないと言っていました。しかし全てが一変したのです。

Minding Her Own Business

自分のビジネス

パーフェクトフィット

彼女は二人の子供を幼稚園から迎える所でした。彼女の新しいドレスはとても似合っていました。彼女は50ドルも払ったけど、このアウトフィットを買ったことをとてもうれしく思いました。このドレスは一番のお気に入りではなかったものの、一着持っていて後悔するアイテムではありませんでした。

A Perfect Fit

パーフェクトフィット

暑い日

ジュリアは希望でいっぱいでした。彼女は中学一年生と二年生の学生を前にしていつもと同じようにグレーのドレスを着ていました。その日は猛暑でとても暑かったからです。彼女の服装は先生にしては汗をかいていたものの、ふさわしい服装でした。

A Hot Day

暑い日

更に暑く

彼女は教鞭をとりながら、片方の手で本を持ち顔の周りを仰ぎました。正午を過ぎて40度以上の気温になっていました。その時は暑すぎて自分の服装のことなど頭から吹っ飛んでいました。しかしこの彼女の自由な態度が教育者からかけ離れていると批判を起こしたのです。

It Was Getting Hotter

更に暑く

その一日

その熱い一日はやっと終盤を迎えようとしていました。猛暑の中で何クラスも教えた彼女はもうくたくたになっていました。そしてやっと自分の車までたどり着きました。彼女の服は汗で体に密着していましたが、彼女はそんなことを気にもしませんでした。

The Rest Of The Day

その一日

次の日

これがすべての始まりでした。次の朝、ジュリアが学校に着いた時何人かの学生が他の先生に対する態度と違った態度でジュリアに接してきました。そしてある美術の先生が毎日同じ服を着ているという噂を流しました。この噂はこの日以来、学校中に知りわたりました。

The 次へ Day

根も歯もない噂

噂が学校中に広まれば広まるほど、彼女は学校中で有名になりました。彼女はどこへ行っても顔が知られるようになりました。そして学校中が彼女を見つめているような感覚に襲われました。もちろん良くない意味で。

They Were Talking About Her

根も歯もない噂

いつも身に着けている

ジュリアはいつもスカーフを身に着けていました。しかし毎日違う色やデザインに変えていました。思春期の年頃の女の子なら必ず気が付くはずです。なぜ学校中でジュリアが毎日同じ服装をしているなんている噂がたったのでしょうか?

She Wore It Everywhere

いつも身に着けている

ドレスの理由

誰一人としてジュリアに直接彼女の服装について質問してくる人はいませんでした。もし誰かが質問してきたら彼女は喜んで自分のチョイスの説明をしたでしょう。ジュリアは自分の意見を述べるのに躊躇したことは今まで一度もありませんでした。

Why She Wore The Dress

ドレスの理由

他の服はないのか

そうしているうちにジュリアはこの中学校の噂の中心になりました。グレーのドレスはジュリアの象徴になりました。このドレスばかり着ているジュリアに学校の生徒や他の先生は彼女には他の服を買うお金がないのではと心配する人も増えてきました。

Didn't She Have Other Clothes?

他の服はないのか

居心地が悪い

ジュリアは学校の噂はさておき、自分の仕事に専念しました。しかし廊下でも広場でも、どこへ行ってもひそひそ彼女のことを噂する声が聞こえてきました。そして学校で働くのがだんだん居心地が悪くなってきました。彼女に怒りの感情が湧いてきましたが、首になりたくなかったので我慢しました。

The Elephant In The Room

居心地が悪い

ルールに従う

学校ではジュリアは変わり者だと言われていました。そしてその変わった性格が自分の子育てにも影響しているとも言われていました。その噂を聞いた親がPTAでジュリアのことについて問題にしたりもしました。しかしジュリアは校則に反したことは一度もありません。誰も彼女を首にすることはできませんでした。

Following The Rules

ルールに従う

貧乏

実際ジュリアは噂通り貧乏だったのでしょうか?たとえどんなに貧乏でも学校に着ていくのに数着のドレスは持っているはずです。彼女は美術のクラスにセーターや、エプロンや靴やスカーフを変えて教鞭をとっていました。それではみんなが噂にしているグレーのドレスの真相は何だったのでしょう?

Was She Struggling?

貧乏

他人の干渉

どういうわけだか、ジュリアがグレーのドレスを着ることに怒る人も出てきました。どう考えてみてもジュリアに怒りをぶつけるのはお角違いでした。美術の先生が毎日同じ色の服を着ているのはおかしいという意見もありました。なぜ全然関係ない人がジュリアの服装に干渉するようになったのでしょう?

Others Were Bothered By It

他人の干渉

直接質問する

このグレーのドレスのことで学校中で噂になったジュリアに、周りはしびれを切らしました。噂が学校で広まってから3週間たったある日、ある生徒がクラス中に思わずジュリアに質問しました。どうしていつも同じドレスを着ているのか?みんな耳がダンボのようになっていました。

Addressing The Question

直接質問する

ドレスを着る理由

ジュリアにはこのグレーのドレスを着続ける正当な理由がありました。この頃すでに学校の構内を歩いていると嫌なひそひそ声が聞こえてきました。まだあのドレスを着ているの?他に着るものがないのかしら?ジュリアはこうして噂する人みんなに微笑みました。

Still Wearing The Dress

ドレスを着る理由

彼女の計画

ジュリアは初めからこのグレーのドレスを着る計画をしていました。そのつもりでこのドレスを購入したみたいです。その目的は新米教師に生徒が何の屈託もない質問をしてほしかったからだとジュリアはインスタグラムで後悔しました。

Her Plan

彼女の計画

同じ服装で100日

彼女のインスタグラムのこのポストは同じ服装で100日というタイトルがついていました。100日間彼女は全く同じ服装で仕事に行き、職場でのすべての作業をこなしました。同じ服装を着ている間、もちろんそのドレスに飽きていましたが、彼女のファッションを通して自分を表現するスピリットはネット上で噂になりました。

An Outfit For A Hundred Days

同じ服装で100日

広告