ある女性は衣装が原因で、公営プールを追い出される結果に。しかしプール側は彼女がその要請を聞き入れなかったことにとても驚いた!

出版元 07/14/2020
広告

この事件はある女性が休日を家族全員で楽しく過ごそうとしたことから始まりました。ある日曜日に家族全員でプールへ出かけたいと軽い気持ちで思ったことが、こんなに怒りとくつじょく、そして不当な扱いを受けるとは、その女性はその時は思っても見ませんでした。その女性の問題は小さい子供が彼女の近くでうるさく遊んでいたことや、遊びに行くのに高額のチケットを払ったことやプールで売っている高額の食べ物のことではありませんでした。この事件の問題の根本はそれよりももっと複雑なものでした。そしてこの事件に関して、女性側は絶対に妥協することはありませんでした。

タイトル

タイトル

彼女の名前はマディリン・シェアファー

マディリン・シェアファーはミズーリ州に、オデッサと言う地域で住む頑張る母親でした。彼女は家族のためにみんなが快適に過ごせるように一生懸命主婦業をこなしていました。しかし30歳半ばになったマディリンにあることが起こりました。その事件は彼女の一生を左右するような、彼女の全てを遮断するような大変な事件でした。

彼女の名前はマディリン・シェアファー

彼女の名前はマディリン・シェアファー

大変な仕事

マディリンは母親であれども自分を魅力的な女性になるため何年も努力してきました。それなのにこの公営プールは彼女の血のにじむような努力を一瞬で台無しにしたのです。マディリンにとってそれはこれ以上の屈辱はないといっといいぐらい我慢のならない事でした。もうすでにマディリンとこの公営プールの間に何があったのか、あまりよくない事がマディリンに起こったことが予想できます。

大変な仕事

大変な仕事

今こそが決心する時

2005年にマディリンは自分の事で悩みがありました。それは彼女のこれからの将来にとても影響があることでした。マディリンはある日久しぶりにお風呂に入ろうと思ったのですが、そこでうっかり足を滑らせて転んでしまいました。転んだときに腰を思いっきりひねって強度のヘルニアになり、その後ヘルニアでずっと苦しんでいたのです。

今こそが決心する時

今こそが決心する時

大変身

その時のマディリンのライフスタイルは彼女の体にとってあまり良い物ではありませんでした。ある日、マディリンはそんな自分と自分の生き方にうんざりしてある決心をしました。自分自身にうんざりしたことと同時に、何かを変えなければというプレッシャーに襲われました。ずっと苦しんでいたヘルニアと継続的続く痛みにマディリンは我慢できなくなっていたのです。こんなはずじゃなかった、こんな自分を何とかしなければと痛感しました。

大変身

大変身

その前兆

事故が起こった時、マディリンは風呂場から全く動けなくなりました。鋭い痛みが全身を貫いて体を少しでも動かすと特に腰に激痛が走りました。通報すると救急隊員がすぐ来てくれましたが隊員たちもマディリンを風呂場から動かすことが出来ませんでした。結果、マディリンは動けない体のまま、風呂場でそのまま数日間か過ごさなければならないことになりました。

その前兆

その前兆

落ち着いた感覚

マディリンはお風呂で過ごしている間、実は落ち着いていました。今まで超多忙だったマディリンの体を癒してくれているような時間でした。こんなことは全然計画していたことではなかったものの、こんなことになってしまったのはやはり今まで家族の事を最優先にして、自分のことは後回しにしていたことの兆候だとマディリンは思いました。

落ち着いた感覚

落ち着いた感覚

自分が変わる決心

マディリンはインタビューで、「風呂で転んでヘルニアになって動けなくなったことはまさしく体重を落とさなければいけない警告だったと思います。それでも実際ダイエットをするのにその事故から1年はかかりました。」と言いました。しかし、いったん決めたら頑固なマディリンです。固い意志と強さが彼女にはありました。

自分が変わる決心

自分が変わる決心

今までで一番ベストシェイプ

それから2年後、マディリンは25キロほど体重を落としました。そして彼女は大変身をかなえたのです。それから5年たってもマディリンは落とした体重をずっとキープする努力を怠りませんでした。そんな素敵になったマディリン、今まででベストシェイプでした。それなのに公営プールで起こった事件はマディリンにとって今までで最大の戦いになりました。

今までで一番ベストシェイプ

今までで一番ベストシェイプ

勇敢なマディリン

マディリンは43歳にして78キロほどの体重になっていました。マディリンは体重を落とした今がベストシェイプだと自分の体で感じていました。そして夏のとても暑いある日、今までは絶対にしなかったある事にトライしてみようと思いました。まだ自分の体がパーフェクトではなかったものの、マディリンは新しい黒いビキニを身に着けて家族と一緒にアドベンチャーオアシスプールへ出かけていきたかったのです。しかしこうしたことが、マディリンを真っ暗闇の状態に追いやりました。

勇敢なマディリン

勇敢なマディリン

誰かがマディリンを見ていた

マディリンが公営プールに着いたとき、彼女はまずプールに来ている人たちの体を観察しました。まずは今まだだとスタイルのいい女性を見たらすぐ嫉妬心を感じていたのですが、今は何も感じなくなっていました。それはマディリンが今の自分に満足している証でした。そしてその体は完璧ではなかったものの、マディリンの長い間の絶え間ない努力の賜物でした。でもそんなマディリンをプールでずっと見ていた人がいたのです。マディリンはそんなことを思いもしませんでした。

誰かがマディリンを見ていた

誰かがマディリンを見ていた

自信が鍵です

一晩ではビキニを浸けるほどの自信が生まれることはありません。その自信はパーフェクトな体型の女性には自動的に自信がわくものですが、マディリンのような女性にとってはビキニを着るまで相当の努力が必要です。しかしそれだけの努力をするからこそ、マディリンの自信はもう誰に消すこともできない不動のものとなりましt。そういう強靭な精神の持ち主である自分にマディリンはとても満足していました。

自信が鍵です

自信が鍵です

信じられないことに

マディリンは迷うことなくタオルを外しプールサイドにタオルを投げ、プールの水に入りました。マディリンがプールに入って五分ぐらいたってすぐ、女性スタッフがマディリンに近づきました。そしてその女性スタッフはマディリンが一生忘れられなくなるような内容をマディリンにいったのです。

信じられないことに

信じられないことに

従業員が言った内容

太陽の強い日差しでマディリンはその従業員の顔がよく見えませんでした。次の瞬間マディリンは目を細めながらそのスタッフが何を言ったのか聞こえなかったのでもう一度繰り返すように聞きました。そしてその従業員は繰り返し何かを言ったのですが、それはマディリンの機器間違いだったのでしょうか?マディリンはこの女性スタッフが言ったことにとても驚き体が硬直してしまいました。

従業員が言った内容

従業員が言った内容

マディリンの不適切な衣装?!

マディリンの元へ来た女性スタッフの一人がため息をついて繰り返して言いました。彼女はマディリンが身に着けているビキニショーツがマディリンの体には小さすぎて合っていないと告げました。「ここは公営のファミリープールです。」と彼女は説明しました。そんなことってあるでしょうか? マディリンは耳を疑いました。

マディリンの不適切な衣装?!

マディリンの不適切な衣装?!

一体誰の基準で?

女性スタッフが指摘したマディリンのビキニショーツですが、それはフルビキニのショーツでした。プールの中から女性従業員を見上げながら、マディリンは完全に困惑しました。プールに来ている女性のほとんどはマディリンのビキニショーツより小さくてセクシーなショーツを着けていました。どういう事でしょう?これには絶対的に何かおかしいことがありました。

一体誰の基準で?

一体誰の基準で?

名誉棄損

マディリンの嫌な感情はまるでプール全体に広がるようでした。彼女の怒りや困惑した感情は顔にストレートに出ていました。マディリンは女性スタッフがマディリンに水着の事を指摘してすぐまずとても深い恥を感じました。でもその恥ずかしく感じた気持ちは後に名誉棄損のような感覚に変わりました。

名誉棄損

名誉棄損

自分自身のために

しかしながらマディリンはこの恥ずかしい気持ちを止めることは出来ませんでした。そして恥ずかしく感じれば感じるほど、それが怒りに変わっていきました。「初めはビキニを着てきたことをすごく恥ずかしいと思ったわ。でもそれはなぜ? 自問すればするほど違う、間違っているという気持ちになったの。」とマディリンは語りました。マディリンはこの従業員につぶされるほど弱くはなかったのと、彼女のとてつもない努力は、世界中どんな人にもマディリンを負かすことが出来ませんでした。

自分自身のために

自分自身のために

追い出そうとしている?

「確かに私の体は夏中ビキニを着こなしている若い女の子の体とは違ったわ。でもどうして自分の体を恥ずかしいと思わなきゃいけないの?!」とマディリンはその時の気持ちを説明してくれました。そしてマディリンは続けました。「私はビキニを着ることにとても心地よく感じていたわ。そしてそんな自分に満足していたのに。」

追い出そうとしている?

追い出そうとしている?

自分の体に感謝を

「女性スタッフに関する私の初めのリアクションは、私を追い出したいの?というような突っかかった態度でした。彼女たちは私のビキニショーツが不適切だと言った。でも彼女たちが言っていることは全くおかしかった。私のビキニショーツはフルサイズのしょーつだったのよ。全ての女性は自分の体のサイズやボディラインに誇りを持つべきで、決して自分の体の事を恥ずかしいと思ってはいけないのよ。」

自分の体に感謝を

自分の体に感謝を

反論するとき

マディリンはマディリンの体を上から下まで見て改めて指摘しようとしているもう一人の女性スタッフを見ました。もしこの事件がマディリンに何年か前に起こっていたなら、マディリンは恥ずかしく思って反論できていなかったかもしれません。しかし今は違います。そしてきっと何も反論してこないだろうと思っているのか、従業員は完全にマディリンを見下していました。マディリンは従業員の態度にも頭にきました。

反論するとき

反論するとき

従業員がマディリンに言い渡した二つのオプション

マディリンの怒りが頂点に達していましたが、その女性スタッフはマディリンの気持ちなんてお構いなしにマディリンに残された二つのオプションを言い放ちました。今までのマディリンなら注意を受けたらすぐに引きさがってそのオプションを聞き入れていたかもしれません。従業員はプールから退場するか、衣装を変えるかがマディリンに残されている選択だと告げました。マディリンの怒りは今にも爆発しそうになって、マディリンは女性スタッフにマネージャーを呼ぶように言いました。

従業員がマディリンに言い渡した二つのオプション

従業員がマディリンに言い渡した二つのオプション

マディリンの選択

「私はこの水着や衣装をかえるつもりはさらさらないわ。そしてもし私に退場しろというのなら、あなたの上司のマネージャーを呼んで警察に通報してちょうだい。警察のエスコートがなければ私はここから動かないし、動く必要もないわ。」マディリンに恥ずかしい思いをさせただけでなく退場も要求してくるなんて、なんてプールでしょう!マディリンはこんな目にあった、そしてあうかもしれない他の女性のためにも断固として折れない体制でした。

マディリンの選択

マディリンの選択

警察沙汰

しばらくして公営プールは警察を呼んでマディリンを追い出そうとしました。「15分後には警察が私の元に来たわ。でも私は全然気にしてなかった。悪いことはなにもしていないから。そして警察もプール側に同意していなかったけど、通報されたからには任務を果たさなければいけなかったみたい。だから警察は私に言う事は何もないから、とりあえずはここをお引き取りくださいとお願いしてきたわ。プールの経営者には全然同意していなかったみたい。」

警察沙汰

警察沙汰

フェイスブック

マディリンは大人しく警察のエスコートでこのプールを後にしました。その後、フェイスブックのポストでこの事件の事を書きました。「警察は私に同情さえもしていたわ。そしてプール側の言い分はバカバカしいとも思っていたみたい。」警察官ならプールを退場させられる衣装がどんなものか十分分かっているとおもうけどとマディリンはフェイスブックにアップデートを書き込みました。

フェイスブック

フェイスブック

ビキニの美しい姿

「私は今43歳ですが、ビキニで公共の場に行くほど自分の体に自信がありませんでした。」とマディリンはポストに書きました。「でも必死でダイエットした今、そしてやっとビキニが切れるようになった今、こんな風に理由なく差別されるなんて許すことが出来ません。私があまりにもビキニ姿が似合っていたからプールを追い出されたのかしら?」

ビキニの美しい姿

ビキニの美しい姿

広告