決死の救助活動

出版元 07/20/2020
広告

コロラドスプリングス消防署が緊急電話を受けた瞬間、彼らはこれから耳にすることについて全く準備ができていなかった。下水道に急いで向かい、8匹の子犬を救出する準備をしたが、のちにそれは間違いであったことを知る。実際はその不運な子犬たちはただの子犬ではなかったのだ。

仕事の需要

消防隊員の仕事は火を消すことだけではない。たびたび様々な状況で助けが必要な時にも呼ばれるし、助けるのは人だけではない。それ以上のことの仕事をするし、もしそのことを知らないのならこれからどんな仕事を消防隊員がしているのかよくわかるだろう。

Job Demands

仕事の需要

消火だけではない

消防隊員たちの仕事は火を消すことだと知られているが、その一方彼らは地域を助けるためにたくさんの仕事をしている。緊急性のある医療が必要とされる現場に行ったり、新しい建物を検査したり、ほかにもたくさん彼らの仕事はある。

Not Just Fires

消火だけではない

応答時間

コロラドスプリングスはできる限り速く人々を助けるために尽力している。そのために彼らは市内のあちこちに緊急時につかう資源、道具などを配置している。この素晴らしいアイディアのおかげで市内のどこにでも8分以内に到着できるのだ。

Response Time

応答時間

装備

このように人々を助けるためには消防署はさまざまな状況に対応する特別な装備が必要である。CSFDは22のエンジン会社、6つのトラック会社、1つの防護チーム、1つの特殊防護チーム、そして3つの医療隊を持っている。それに加え、荒野の消火活動のために11台のトラックと給気トラック、そして危険物質処理のための車1台にどんな緊急事態にも対応できる1チームの人を乗せられるホース車が準備してある。

Equipment

装備

ただの1日

コロラドスプリングス消防署ではただの普通の1日に思えたが、何か変なことが起きようとしていた。今まで経験したことのないような救助活動に乗り出すことになるのだ。

Just A Normal Day

ただの1日

通報

その午後、CSFDに動物の救助要請の電話がかかってきた。すぐにその動物たちを助ける準備をし、出発した。しかしこの救助活動は今まで経験したものとは全く違うものになる。

A Call

通報

予防策

このような動物を助ける状況では、消防隊員たちが従わなければならない決まったガイドラインがあった。動物によっては全く違う大きさや行動が予想されるからだ。ある動物は危険な状況では攻撃的になる一方、落ち着いた態度をとる動物もいる。これを知ったうえで、消防隊員たちは決められた規則に従って、彼ら自身と動物両方の安全を確保しなければならない。

Precautions

予防策

常に準備万端

このような情報は消防隊員にとってとても重要であり注意深く対応していかなくてはならない。状況にかかわらず、彼ら自身の安全を第一に考えなければならない。どの動物の救助に向かっているのか知らなかったため、彼らはいかなる状況にも対応できる準備をしておかなくてはならなかった。

Always Prepared

常に準備万端

心配はいらない

彼らの過去の経験から準備に抜かりはなかった。どんな動物が助けを必要としているかわからなかったが、準備はできていた。

No Worries

心配はいらない

状況判断

消防隊員のチームは消防車に乗り込み現場に向かった。救助が必要な動物たちは雨水きょにはまっていた。もし雨が降ったら彼らの命が危ない状況だった。

Assessment

状況判断

差し迫るタイムリミット

雨が降らない限りその動物たちに命の危険はなさそうだった。しかし消防隊員たちは限りある時間を賢く効率的に使わなくてはいけないとわかっていた。その動物たちがはまってしまった場所は暗く寒かったため一刻も早く救助する必要があった。救助計画をたてる時だ。

The Clock Is Ticking

差し迫るタイムリミット

迅速な思考

消防隊員たちは動物たちがはまった場所がとても狭いことに気づいた。深くはなかったが、どちらにせよ動物にはそこから抜け出すことは難しいだろう。1人か2人の消防隊員が下に行き動物たちを引っ張り上げる必要がある。

Quick Thinking

迅速な思考

初見

消防隊員たちは協力して雨水きょのふたを開け中に入った。動物たちが鳴いているのを聞き、それが赤ちゃんだとわかった。なぜ動物が中に入ったのか、どうやって入ったのかわからなかった。

First Look

初見

家無し

動物の赤ちゃんが勝手に雨水きょの中に入ったと考えるのは論理的ではなかった。ほかの動物たちの生息地から離れすぎていたし、母親の姿が見えなかった。消防士たちはどれだけこの状況がこの赤ちゃんたちにとってつらいものか考えざるを得なかった。

No Home

家無し

捨て子

消防隊員たちはいまだ何の動物が下にはまってしまったのかわかっていなかった。どのようにこの状況を打開していくのか注意深く観察した。わからないことも多かったが、中に入っていく準備はできた。

Abandoned

捨て子

難しい状況

消防隊員たちが赤ちゃんを見つけたとき、彼らがまだ生きていることが信じられなかった。下水道はごみで満杯だったため赤ちゃんたちのいた状況は全くよくなかった。食べ物もなく凍るほど寒かった。

A Difficult Situation

難しい状況

繊細な状況

消防隊員たちは細心の注意を払わなくてはならなかった。母親が周りにいるのか確かではなかったし、いたとしたら母親自身で子どもを救出することができただろう。時間がなかったため母親が来るのを待つ時間はなかった。

Delicate Situation

繊細な状況

緊張の瞬間

消防隊員たちはいまだ何の動物の赤ちゃんが下にいるのかわからなかった。そのことが、母親が周りにいるかどうかの判断を付けることを難しくした。どちらにせよ、その動物たちは助けを必要としていたため、早く計画を立てなければならない。

Stressful Moments

緊張の瞬間

決断

難しかったが決断をしなければならなかった。母親が助けに来るのを待つのか、彼ら自身が下に行って赤ちゃんを助けに行くのか。どちらにせよ、赤ちゃんたちは一人ではそこから出られないだろう。

Deciding

決断

調査

何の動物か知るには赤ちゃんたちをそこから出すしか方法はなかった。もし野生の動物ならペットである場合より状況はいいだろう。

Investigating

調査

救助

救助隊員は動物に人間のにおいを付けることを避けたかったためグローブを付けて救助活動を始めた。毛布を準備し動物たちを救助したときに彼らを置く場所を作った。

The Rescue

救助

最初

最初の消防隊員が下に行き最初の赤ちゃんを引き上げた。救助された動物はとても小さく救助隊員たちは彼らの目を信じられなかった。毛布の上に置き優しくそれで包んだ。

The First

最初

人間の最良の友

救助された最初の動物を観察し彼らはそれが子犬だということに気づいた。それが信じられなかったし、どうやってそこにはまってしまったのか理解できなかったが、一刻も早く残りの子犬を救助しないといけないとわかった。

Man’s Best Friend

人間の最良の友

憤り

目撃したことは消防隊員にとって信じがたかったし、もしかしたらこれが人間の仕業かもしれないと彼らは恐れた。ありえないことではなかったし、不幸なことにペットを捨てる人間も少なくない。

Upsetting

憤り

つらい真実

何にせよ、それが事実でないことを消防隊員たちは信じていたし子犬たちは救助された。彼らの救助活動は迅速かつ安全に行われた。

Cold Hard Truths

つらい真実

広告