森の中で何かを見つけた元警察犬。一体この犬は何を発見したのでしょう?

出版元 03/07/2021
広告

何かを発見した犬

ある犬が地面に鼻をこすりつけ続けました。スミスは自分の犬がこんな行動をとるのを初めて見ました。きっとここに何かがあるのかもしれない。犬の足跡が地面にくっきりとついていました。

A Scene To Behold

何かを発見した犬

カイルが見つけた物

この犬、カイルは完全に木に集中していました。しかしその時は、これがこんな惨劇になるとは誰も思ってもいませんでした。カイルの心臓が大きく鼓動を打っていました。なぜならカイルは自分の目を疑うような物を見つけたからです。

What Kyle Saw

カイルが見つけた物

何かがおかしい

カイルは直感で何かがおかしいと感じました。その瞬間彼は神経がピリピリさせ、鼻をいつもよりクンクンさせて匂いを嗅ぎました。まるで落ち着きがありませんでした。

Something Was Wrong

何かがおかしい

態度が豹変した

何かがおかしいと思ってからカイルの態度は完全に変わりました。彼はその日機嫌よく散歩に向かったものの、動物の本当でしょうか?突然豹変しました。その理由は一体何だったのでしょう?

His Changed Behavior

態度が豹変した

警察犬

木の近くで何か異変を感じたカイルですが、実はカイルはスミスの家に来る前は凄まじいい経歴の持ち主でした。カイルには他のパートナーガいて、その人ともう二匹の犬と一緒に生活していました。しかしカイル以外は警察犬として登録されていなかったので、カイルのような犯罪調査に出ることはありませんでした。

Kyle Wasn't Done Yet

警察犬

苦しい道のり

カイルの生涯を考えてみても、決して楽な人生ではありませんでした。生まれてすぐ里親に引き取られた後すぐ警察犬として訓練するため訓練所に連れていかれたのです。そして厳しい警察犬の訓練を受け、見事合格しました。

Not Yet Over It

苦しい道のり

優しい心

警察犬としてのカイルの強さはデータを収集することでした。彼の犬種や本質からして、調査犬にとても向いていました。しかしだからといっていつも攻撃的という意味ではありません。カイルの性格は実はとても優しく、保護欲の強い犬でした。

Gentle Soul

優しい心

新しいパートナー

警察官のジョンがカイルの新しいパートナーでした。二人は一緒にトレーニングをしてたくさんの時間を一緒に過ごしました。カイルはいざとなったらジョンの命も守らなければいけません。二人は名コンビでした。ぴったりと息が合っていました。

A New Partner

新しいパートナー

サービス犬

動物が愛する人のために命を懸けるのは本当に感動的です。カイルはその典型的な例でした。サービス犬は通常そのように訓練されていますが、実際犬は愛情を持って人のために自分の命を犠牲にします。カイルもジョンに対して愛情を持っていました。

Service Dog

サービス犬

チームワーク

サービス犬は通常何人かの警察官と一緒に行動します。しかしカイルはジョンだけについていました。そしてジョンの言うことだけを聞きました。この二人はぴったり息が合っていて素晴らしいチームワークで仕事をこなしていました。

A Great Duo

チームワーク

二人の関係

カイルはジョン以前のパートナーともうまくやってきました。自分のパートナーとうまくやっていくのは警察犬としての使命でした。しかしジョンとは特別な関係にありました。ジョンはいつもカイルとコミュニケーションを取りながら調査を進めてきました。

Their Relationship

二人の関係

お別れの時

カイルもだんだん歳をとり、警察犬生命に終わりを迎えようとしていました。ジョンはカイルとずっと一緒に仕事をしたかったけれど世話が出来ません。そこでジョンはカイルにとってベストの方法を取ることにしました。それは引退した元同僚のスミスがカイルの里親になることでした。

Parting Ways

お別れの時

同じではない

人間同士てでも別れを経験するのは辛いことです。それが長年一緒に仕事をしてきた最愛の犬となると尚更悲しいものです。ジョンはカイルとお別れするのを本当に悲しく思いました。カイルにとっても環境ががらりと変わりました。

It Won't Be The Same

同じではない

犬の夢

こうしてスミスはカイルを引き取りました。そして二人は毎日散歩や運動をたくさんしました。年老いたカイルでしたがまだまだ元気でした。彼らの家は田舎の森の中にありました。のどかで自然に一杯囲まれた場所で毎日散歩で着て、カイルの新しい環境は犬の夢でした。

Every Dog’s Dream

犬の夢

新しい家族

カイルと元パートナー、ジョンは離れ離れになってしまいましたが、カイルにはスミスという新しい家族が出来ました。そしてスミスもカイルをとても大事にしました。

Having Fun With New Family

新しい家族

思いもしなかった発見

その日カイルは森の中を普通の犬が散歩するように歩いていました。しかし、散歩中カイルは何か怪しいものを見つけました。その瞬間に警察犬だった血が騒ぎました。カイルの五感はまだまだ鋭く働いていました。

An Unexpected Discovery

思いもしなかった発見

大きな変化

二人のその日の散歩もいつも通りとても平和的に始まりました。二人はいつものルートを機嫌よく歩いていました。ところが突然、カイルが違うルートに行こうとしました。もうその時点でカイルの態度は違っていました。

A Drastic Change

大きな変化

警察犬として

もうその時のカイルは警察犬として調査をしているようでした。カイルは何かを見つけました。そういうカイルを見てスミスも何かがおかしいと思い始めました。二人は異変に気が付いたのです。

Not His Usual Self

警察犬として

おかしい態度

長い間カイルはこの町に住んでいました。彼は毎日森の中を新しい家族のメンバーと散歩するのが好きでした。しかし今日はいつもと違いました。予想もしない展開になりました。カイルの態度も一変しました。

Acting Odd

おかしい態度

犬の直感

カイルは目の色が変わり落ち着きがなくなり、急にひっそりと静かになりました。木の中をソワソワした感じで探り出しました。まさしく犬の直感で何かがここにあると感じたみたいです。

Strange Behavior

犬の直感

古い習慣

彼の警察犬としての古い感覚が一瞬で戻ってきました。彼は土に鼻をこすりつけどんどん前に進んでいきました。スミスはカイルを呼び戻そうとしましたが、カイルは全然聞きませんでした。カイルはこの匂いに夢中でした。

Old Habits

古い習慣

まるで仕事をしているみたい

カイルの様子は以前警察犬だった頃に戻ったようでした。やはり警察犬として小さい頃から訓練していたので、その姿は板についていました。とても自然に調査を始めていました。しかもその姿は板についていました。

Service Dog On Duty

まるで仕事をしているみたい

匂いを追いかけて

犬にとって散歩中にこのように態度を豹変させるのは珍しいことではありません。犬は人間と違って嗅覚や聴覚で人間が発見できないものを発見できます。警察犬と一緒に散歩をすると何も隠すことはできません。

Finding The Scent

匂いを追いかけて

匂いでナーバスに

カイルはどうしてこんなにナーバスになったのでしょう?家族と一緒の時はこんな姿を見せたことはありませんでした。それは彼が嗅いだある匂いが原因でした。これは何か深刻な状況でした。

The Scent Made Him Nervous

匂いでナーバスに

一体何だったのか

スミスもカイルの様子を見てすぐ何かが起こっていることに気が付きました。カイルは家ではもちろんのこと、通常の散歩でもこんな態度を示したことは一度もありませんでした。

What Could It Be?

一体何だったのか

他の動物

もしかしたらカイルは森の中で他の動物を見つけたのかもしれません。例えばウサギとリスとかの何か獲物的な動物がカイルの捕獲本能をかきたてたのかもしれません。そしてカイルは獲物を狙って追いかけだしたのかもしれません。

Was It An Animal?

他の動物

広告