人生で一番大切な日、結婚式!これらのひどいウエディングドレスは避けて恥をかくのを避けましょう!

出版元 07/12/2020
広告

人生で一番大切な日、結婚式!これらのひどいウエディングドレスは避けて恥をかくのを避けましょう!

世界中で結婚するカップルは多いと思います。この人生一番大切な日に自分たちが育ってきた伝統を守りたいという新郎新婦もたくさんいます。伝統を守ることはとても素敵な事ですが、時にこれらの伝統が尋常じゃなく、みんなが首をかしげるような結婚式になることがあります。特に変わった素材で作られたウエディングドレスやタキシードは考え直した方がいいかもしれません。大切なウエディング、一生の思い出です。どんなウエディングドレスを着るかよく考えましょう。

ルーニー・バルーニー

こんなに綺麗でパーフェクトな女性がどうしてこのドレスを選んだのか、不思議でたまらないという人も多いでしょう。この女性が付けているネックレスも風船で出来ています。このドレスを着ている時は座ることも出来ません。全てが風船で出来ているからです。このドレスを選んだ新婦、一日中頑張って立ち続けたことでしょう。

ルーニー・バルーニー

ルーニー・バルーニー

はっきりいってやりすぎです

この新婦はきっと歴史の本に載るような結婚式を挙げたかったに違いありません。一体これは成功したと言えるでしょうか?どちらにせよこの結婚式に出席した人たちは全員新婦のドレスを持ち続けなければいけないという、今までにはない忘れることのできない結婚式になったことに違いありません。

はっきりいってやりすぎです

はっきりいってやりすぎです

レトロと言えば

1990年代のドレスに勝るものはないですね。この写真の女性は90年代にはやったフワフワ感とスパークリングな素材の洋服が大好きなのに違いありません。そうです、この結婚式は今まであなたが参加したことがないような結婚式だったに違いありません。

レトロと言えば

レトロと言えば

猫派といえども

ハローキティ―を覚えていますか?忘れるはずがありませんね。もしかすれば久しぶりに見たという人が多いかもしれません。しかし世の中には熱狂なキティファンがたくさんいます。例えばこの写真の女性、このドレスを見てください。キティのおかげでドレスがとてもスタイリッシュになっています。

猫派といえども

猫派といえども

絨毯から絨毯へ

このカップルはどこか別の惑星から降りてきた時にこの写真を撮られたに違いありません。それは冗談ですが、この新郎のルックスはショッキングですね。そして新婦は絨毯に身をまとっているのかもしれません。

絨毯から絨毯へ

絨毯から絨毯へ

まるでおとぎ話のように

世の中のたくさんの女性はおとぎ話のような結婚式を望んでいる方が多いかと思います。でもそれは若い頃の幻想で実現するする人は少なくなるのが通常です。その一方、おとぎ話の結婚式を現実にする人もいます。この写真のカップルはおとぎ話の結婚式を現実にした人たちです。それで幸せだったならそれが一番ですね。

まるでおとぎ話のように

まるでおとぎ話のように

2千350万円のウエディングドレス

このカップルは若いかもしれませんが、自分たちの夢の結婚式を挙げるのを止めることは誰にも出来ませんでした。この新婦は19歳で名前はエイカ。そしてこの新婦は結婚式の日に超高額の豪華なドレスを身に着け、新聞の一面に取り上げられ一躍有名になりました。

2千350万円のウエディングドレス

2千350万円のウエディングドレス

白はもう古臭い

ウエディングドレスは通常は白です。しかしもし白を望まないならば違う色を混ぜても支障ありません。そして色が鮮やかではないのもあまりぱっとしないと感じる人たちもいるのではないでしょうか?このカップルは白以外の色々な色を使ったドレスを選びました。変わっていますが、クールと言えばクールでしょう。

白はもう古臭い

白はもう古臭い

本物のシュレックとフィオナ

うわぁ、この写真はある意味とてもかわいいですね。こういう結婚式は絶対的に伝統からかけ離れていますね。ここまでなりきるとすごいですね。このカップルにとって結婚式でフィオナとシュレックになりきるのが彼らの最大の目的でした。あまりにも現実からかけ離れているので不思議ですが、この目的をついに果たしたこのカップルはさぞ満足だったに違いありません。

本物のシュレックとフィオナ

本物のシュレックとフィオナ

サボテンとウエディングドレス

実はサボテンはこの世代にとってとても人気があったのです。しかしこのような結婚式を見たことがありません。ここまで来ると少しやりすぎのような気もします。個性的なドレスを着ることはいいですけど、やりすぎにはご注意です。

サボテンとウエディングドレス

サボテンとウエディングドレス

伝統を捨てる

ルールを守らないのはよくあることですが、もしそのいい例を見たいならこの写真を見て下さい。このカップルにとって伝統やルールは壊すためにあるのです。このクールなカップルは何と黒ベースの虹色でアクセントがある衣装を結婚式で来たのです。こういうドレスを一生一回の結婚式で切るのは相当勇気があるカップルに違いありません。

伝統を捨てる

伝統を捨てる

火がつきすぎて結婚できない

そうです、この記事は伝統的なウェディングドレスを使わないで結婚式を挙げた人たちのリストです。この女性はとても激しく、世界中に彼女が結婚式で来ていたドレスを見せたかったに違いありません。あまりの情熱でドレス自体が燃えていますね。このドレスだけで熱意が伝わってきます。

火がつきすぎて結婚できない

火がつきすぎて結婚できない

子供たちのために

世の中にはたくさんの変わった結婚式がありますが、こんなのは前代未聞です。このお母さんは一生に一度の結婚式に自分の子供にも参加してほしかったのです。そういう意味ではこのドレスはとても思いやりのあるドレスだとも言えるかもしれません。

子供たちのために

子供たちのために

やくざな新郎新婦

やくざやチンピラだから本当の愛を追求しないとは言い切れません。彼らにも人を愛する気持ちがあるのです。そしてその愛を誓う結婚式を自分の気持ちに忠実に挙げたいのです。その深い愛が自分たちの衣装にスプレーペイントした理由なのでしょうか?ある意味クールですよね?

やくざな新郎新婦

やくざな新郎新婦

ショットガンウエディング

実はアメリカではショットガンウエディングは多々あることです。しかしこんなのは初めてです。どういうわけだか新婦はあまり幸せそうには見えません。でも唯一彼女が持っているブーケが幸せになりたいという象徴かもしれません。このショットガンを持っている男性は彼女の父親ですが、彼の銃の持ち方には何かしら疑問を抱きます!

ショットガンウエディング

ショットガンウエディング

パンクロックプロポーズ

ご存じかもしれませんが、パンクロックは音楽のジャンルではなくライフスタイルの一つです。この新婦は典型的な結婚式から身を引きいただけではなく、よりよく特別な結婚式に仕上げました。この新婦の角を見てこの結婚式を仕切った牧師さんは一体何を思ったのでしょうか?

パンクロックプロポーズ

パンクロックプロポーズ

ケーキの一欠片

これは驚きです!この特別なウエディングはさぞかし観客が多かったことでしょう。そうです、この新婦は一石二鳥、役に立つのウエディングドレスを着たかったのです。ウエディングと言えばケーキです。ケーキが食べたければ新婦の所に行って一つねだってみてはどうでしょう?

ケーキの一欠片

ケーキの一欠片

ウエディング祭り

この新婦はクリスマスファンであることに間違いありません。彼女はこの時期が彼女にとって一年で一番良いタイミングであることを出席客全員に知ってもらいたかったに違いありません。もし12月に結婚式を挙げたければ、この新婦と同じスタイルのクリスマスツリードレスの結婚式をすると良いですよ。

ウエディング祭り

ウエディング祭り

新婦と一緒に飲みませんか?

たくさんの人は外見でウエディングドレスを決める物です。しかしこの女性にとっては外見だけではなく、ドレスの機能性も重要だったのです。彼女は結婚式当日ドレスを着ることによってゲストにワインタワーでお酒を勧めることを決めていました。彼女が歩くとお酒を一杯!本当に機能的ですね。

新婦と一緒に飲みませんか?

新婦と一緒に飲みませんか?

フリルだらけ

たくさんの人たちはウエディングドレスはフリルで作られていると思っている方が多いと思います。しかしこの女性はフリルで作られているというのを勘違いしたかもしれません。それはフリルが多ければ多いほど良いと思ったのでしょうか?そして出来るだけのフリルを引っ張り出してきたのかもしれません。でもこれはどうでしょう?新郎が車に乗る場所もありませんね。

フリルだらけ

フリルだらけ

彼女のインナーチャイルド

確かにこの新婦はバービー人形みたいに見えますね?これは偶然だとは言い切れません。この新婦は自分のインナーチャイルドをドレスに表現したのでしょうか?心は子供のまま体だけが成長したのでしょうか?彼女にとってきっとこのドレスを身にまとって教会の通路を歩くのは子供に戻るための道、子供に戻るため思い出をさかのぼっているのに違いありません。ノスタルジックですね。

彼女のインナーチャイルド

彼女のインナーチャイルド

歩くカップケーキタワー

もしかしたらこの新婦は先ほどご紹介したワインタワーの新婦と関連していたかもしれません。そうでなければこれをどう説明したらいいのでしょうか?よく考えてみるともしお金を節約したければこのドレスのアイデアはかなりいいかもしれません。結婚式で料理やケーキを給仕してくれるスタッフも必要ないですね。

歩くカップケーキタワー

歩くカップケーキタワー

動物好き

ウエディングの衣装は通常、新郎新婦によってコーディネートされるものです。そしてブライドメイドも新婦とよく似た衣装を着るものです。まあこの女性もかなり変わっているかもしれませんね。彼女はブライドメイドの代わりに大好きな羊を選びました。そして自分も羊たちと全く同じ素材のドレスで統一しました。ある意味グッドアイデアですね?

動物好き

動物好き

友達からのヘルプ

結婚式は人生の特別な日なのでたくさんの人は多額のお金を使います。でもお金がなくても予算が少なくても結婚式を挙げられることをお忘れなく。ここで紹介している3組のカップルは、結婚式の費用を割り勘して節約しただけではなく、それぞれの衣装も節約しています。ここに出ているカップルが身に着けている衣装をよく見てください。どんな節約をしているか分かりますね。

友達からのヘルプ

友達からのヘルプ

ピンクに身を包まれて

ウエディングは白黒はっきりしなくても良いのです。違う色を使ってもおかしいわけでもありません。そこでこのピンクレディーはこのアイデアを編み出しました。彼女の選んだドレスの形、この帽子そして付属のレースについてどう思われますか?

ピンクに身を包まれて

ピンクに身を包まれて

広告